新着情報

西日本豪雨災害に関して

2018年07月10日

西日本豪雨により被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
今回の豪雨災害では「グループホーム和楽の家 上道」の入居者様が一時避難されたましたが
その他、弊社が運営する介護施設及びエニタイムフィットネス(岡山市、広島市)も無事でした。
しかし特に岡山市、倉敷市は甚大な被害がでており西日本全体でも多くの死傷者がでています。
また弊社スタッフも自宅、車等の物質的被害を受けています。
弊社は一刻も早い復興・復旧を心よりお祈り申し上げます。

                                  株式会社桜梅桃里
                                  代表取締役 日笠 光生

【グループホーム和楽の家 上道の避難状況報告】
 7/6未明に弊社が運営します「グループホーム和楽の家 上道」(岡山市東区才崎260番地)付近の砂川が氾濫しました。
 夜が明け、同法人内の「グループホーム和楽の家 みやす一番館、二番館」(岡山市東区吉井208-1)へ入居者様(当時16名様)及び介護スタッフと共に避難を開始しました。
 避難途中に泥水で道路が分からなくなり、避難車両が田んぼに脱輪してしまうアクシデントに見舞われましたが、近所の男性のおかげで、雨の中また泥水の中、トラクターで引き揚げていただきました。
 何とか怪我もなく無事に避難が完了し、入居者様にはご不便をお掛けしましたが「グループホーム和楽の家 みやす一番館、二番館」で終日を過ごしていただきました。
 岡山市東区才崎周辺一帯は池と化していましたが、ゴムプールで「グループホーム和楽の家 上道」から物資(衣類・布団)を運び出し確保及び近隣の店舗で食材も確保しました。また施設への床上浸水もあと2cmのところまで来ていました。

 翌7/8に「グループホーム和楽の家 上道」の被害状況を確認をしたところ床上浸水は何とか阻止できていました。
 施設の設備の確認及び清掃を行い7/8正午前に入居者様は全員無事に帰所する事ができました。この甚大な被害の中で一人も負傷者を出すことなく、まさに不幸中の幸いでした。
 今後、同グループホームは浸水対策を行い、更なる入居者様の安全を計るよう努めてまいる所存です。