ごあいさつ

株式会社 桜梅桃里
代表取締役 日笠 光生

株式会社 桜梅桃里 取締役副社長 日笠 光生

2025年の超高齢化ピークを迎える今日、高齢者介護に対する現状は日々を追うごとに変化をして、ニーズも多様化しています。
その時代の中で、我社は平成17年4月28日に創業以来、「グループホーム 和楽の家」「住宅型有料老人ホーム 和楽ライフ 芳泉」「ホームケアサービス 和楽のぬくもり」の介護事業を展開するまでになりました。
我々はチームケアを通して入居者様、利用者様及びご家族様にご満足していただけるよう日々、介護サービスの向上を心がけ、真心を尽くして笑顔で介護サービスをご提供させていただいています。

また介護事業のみではなく「エニタイムフィットネス」をフランチャイズで展開(岡山野田店、岡山原尾島店、岡山福富店、広島大町東店、尼崎下坂部店)しています。
誰もが望む「心身共に健康」で「長寿」の思いを汲みヘルスケア向上に努めてまいる所存です。

平成29年秋にはベトナム ビンズオン省での老人ホーム開設を目指し、当地での高齢者福祉への貢献も努めてまいります。

その他役職

  • 公益社団法人日本認知症グループホーム協会 代議員
  • 公益社団法人日本認知症グループホーム協会岡山県支部 理事
  • 学校法人森教育学園 岡山学芸館高等学校 同窓会会長
  • 学校法人森教育学園 岡山学芸館高等学校 監事
  • NPO法人旭日ケア 理事長
  • 社会福祉法人桜楽会 評議員
  • JAPAN LOTSU CO.,LTD 社長(ベトナム)

医療法人不二尚和会
日笠クリニック院長 日笠 尚知(医学博士)【株式会社桜梅桃里 顧問】

医療法人 不二尚和会 日笠クリニック 日笠院長(医学博士)

穏やかな老後の暮らし…それは誰もが願っていることですが、間もなく我が国は65歳以上の高齢者が4人に1人となり超高齢国家となります。
また、それと共に認知症高齢者も増えていきます。
ところが、そうした方々が心穏やかに生活できる環境は、決して十分だとは言えないのが現状です。
過去20年来、当医院において、心と体の関係に注目し、うつ病・うつ状態・躁うつ病、神経症、パニック障害、統合失調症やストレス性疾患全般にわたり研究を重ねてまいりました。カウンセラーやデイケアなどとのチーム医療にも積極的に取り組む中で、福祉先進国であるスウェーデンで誕生した認知症高齢者が共同で生活をするグループホームを株式会社 桜梅桃里の理念、指針を基調として、当院が医療面でのサポートを行いながら運営しています。
日本の高齢社会の社会基盤に貢献し、1人でも多くの認知症高齢者の方々に「心安らぐ穏やかな暮らしを」と考え更に邁進いたします。